看護師

細胞が壊死する恐怖|脳梗塞の治療は専門の医師と行なおう

ここがポイント、脳の病気

血液

脳梗塞の症状には意識障害や半身麻痺、視野障害などがあります。また、脳梗塞の治療においては、早期に発見し早期に治療することで、発症後の後遺症発生の可能性を低下させることができるのです。その治療方法に患者、医師、救急隊が関心を寄せています。

More Detail

学習しよう、脳疾患

病院

糖尿病専門医が増加しており、脳梗塞患者の増加速度が低下する可能性があります。外科医は減少しており、地域によっては手術が受けられないこともありえるのです。また、脳梗塞発症後、リハビリ期などにうつ症状を発症することがありますが、抗うつ薬による治療でうつ症状を緩和させることができます。

More Detail

早期の発見と診断

病院

薬で溶かす

脳梗塞になると、脳の中にある動脈が血栓によって詰まってしまうことによって脳に血液が流れなくなることから、脳細胞が壊死してしまうことになります。細胞が壊死してしまわないうちに早急に脳内に血液を循環させなければなりません。そのためには一刻も早く血管に詰まってしまった血栓を取り除く治療を、行わなければなりません。血栓を取り除くためには、血栓を溶かしてしまう薬の投与や直接動脈に器具を差し込んで血栓を取り除いてしまう方法があります。薬の投与は決められた時間内に血栓を溶かしてしまう薬を体内に投与する必要がありますが、脳梗塞の発症後3から4時間以内と限定されているために、なるべ無早く脳梗塞の病気を確定して薬を投与しなければなりません。細胞が壊死する恐怖を知り、そうならない為に必要な改善方法を見つけていきましょう。

脳浮腫が起きてしまう

血栓を溶かしてしまう薬による治療は、時間が限られているために早期の発見と、早急に専門医による診断が必要になりますが、定められた時間以上が経過してしまった時には打つ手がありません。脳細胞が壊死してしまった時には、細胞は脳浮腫という現象を起こしてしまい脳内でむくんで脳圧を高めていきます。薬での治療が行われないときには、この脳浮腫を抑えるための治療が行われることになります。それと同時に脳梗塞は脱水症状も起こしてしまいますので、点滴による脱水症状の治療もおこなわれることになります。薬を投与する時間に間に合わなかった時には直接足の付け根から器具を差し込んで、動脈内の血栓を取り除くという方法も現代はとられています。

心原性塞栓症を知ろう

女の人

心原性塞栓症は、心臓の不規則な動きによって起こる脳梗塞です。予後が悪くなるのは、血の塊が比較的大きいため、障害範囲が広くなるからと言われています。また、脳梗塞の一つである心原性塞栓症の原因は心房細動です。この疾患は生活習慣病であるほど発症しやすくなっています。

More Detail